サーバーの仮想技術Dockerを学ぶ #2「macにubuntuをセット」

2015年4月5日

Docker 学習 特集

t f B! P L
前回でインストールが完了しているので、今回はOSをセットしてみようと思う。 ちなみに、macにubuntuを入れてみる。

pullする

dockerのコンテナを1から自分でセットしてもいいのだが、どうやら、サーバーにすでに上がっているコンテナを使うのが、一般的らしい。 ※少なくても初心者は・・・ # イメージを読み込む ( docker pull %image%:%tag%) $ docker pull ubuntu:latest このコマンドを実行するだけで、サーバーから190MBぐらいのデータを取得してきている。 なんて便利なんだ・・・docker・・・すごいぞ!

取得したimageを確認

$ docker images

imageを実行

$ docker run -it --name ubuntu1 ubuntu /bin/bash root@9190bdc86a10:/#

nginxをインストール

$ apt-get install -y nginx

よく使うコマンド

# imageを一時停止する [ctl] + [d] # image一覧の取得 $ docker images # 起動中のコンテナ一覧の取得 $ docker ps # 全てのコンテナ一覧の取得 $ docker ps -a # index.docker.ioからイメージを検索 $ docker search TERM # IMAGEからコンテナを起動 $ docker run -i -t -d IMAGE /bin/bash # ホストの/var/wwwを、コンテナの/var/htmlからアクセスできるようにマウント $ docker run -i -t IMAGE -v /var/www:/var/html /bin/bash # ホストのポートとコンテナのポートをポートフォワーディング $ docker run -i -t -p 10090:80 -p 10023:22 IMAGE # 起動しているコンテナに接続 $ docker attach CONTAINERID # コンテナをファイル出力 $ docker export CONTAINERID > docker_image.tar # ファイルからイメージを取り込み $ cat docker_image.tar | docker import - docker_image

このブログを検索

プロフィール

自分の写真
町田市, 東京都, Japan
プログラミングとサーバーを心の底から楽しむクリエーターです。 経営者であり、開発者でもありますが、得意としているのは、アイデア創出。

ブログ アーカイブ

QooQ