タグマネージャーを考える

2015年4月6日

テクノロジー

Google Yahoo 各社が、タグマネージャーをばらまいています。 企業サイトでも、タグマネージャー運用を行う会社が増えてきました。 Saasや、クラウドサービスの会社では、恐らく、 「タグマネージャーでうまく動かない。」 という問い合わせが、ここ1、2年で、すごく増えたのではないかと思う。 現に、うちの会社では、ひと月の間に何度もこの問い合わせが入っています。 営業現場でも、よく話題になっているとも聞いてます。

そもそもタグマネージャーって必要なの?

企業のwebサイトは、会社内の外に出す情報の全てを詰め込んでいます。 商品ページ、会社説明、採用情報、上場会社ではIR情報、社長やカリスマ社員のブログ、ユーザー登録しているサイトでは、管理画面など、社内ではほぼ全ての部署がwebサイトに関わっているはず。

WEB運用担当者の嘆き

そして、各部署ごとに、計測やら、アドやら、アフェリエイトやら、なんかのページ便利ツールのような、外部サービスのjavascriptタグを貼っていて、ページ毎に管理しているケースが多いのではないだろうか? たまらないのは、webページの担当者で、大抵が少人数で運用していて、てんてこ舞いしているという話をよく聞きます。

新たな運用方法との戦い

そこで現れたのが、タグマネージャーという救世主なのです。 今までは、サービスを変える場合は、そのページに対して、制作会社に、タグの貼り替えを依頼して、確認して、担当部署と共有してたと思いますが、ここでリテイクなどでたら、さあ大変です。 また、タグの貼り先が入力フォームページだとすると、制作会社に、凄まじい金額を請求されてしまいます。 タグマネージャーであれば、この、制作会社のパートが、省略できるということですね。 金額的だけではなく、スピードも増す事は間違いないでしょう。

デメリットあります

タグの貼り替えは簡単なのですが、ここで新たに発生する問題としては、新しくタグを貼り付けた時に、他者サービスを複数いれていると、たまーに、コンフリクトを起こすケースがあります。 経験としては、以下の内容がほとんどです
  1. サービス内で、グローバル変数や関数を書き換えてしまい、他サービスの値も変更してしまう
  2. ページ内のDom構造を極端に変更して、他サービスか、エレメントアクセス出来なくなる
  3. サービス内にjsエラーが発生していて、それ以後のjsサービスが停止してします
  4. スタイルシートを書き換え不可なレベルで設定して、見た目が変になる
もちろん、サービス特性があるので4番は、問題ではないパターンが多いですが、1〜3番は、非常に迷惑な話です。 タグマネージャーは、たくさんあるが、何が違うのか? 結局!タグマネージャーを使ったほうがいいの? 結論は出ませんが、使ってみて個人で判断するしかないでしょう。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。