[JavaScript] 日付処理関連

2015年4月12日

Javascript Tips プログラミング

JavaScriptをプログラミングしていて、日付の操作を行う時、何気に面倒くさい事が多い。 ということで、日付処理関連を適当にまとめてみました。

ソース

(function(){ $$={}; //date-library $$.date={ //todayを取得(JS)(return:y,m,d,h,i,s) today:function(){ var d = new Date(); return { y:Number(d.getFullYear()), m:Number(d.getMonth()+1), d:Number(d.getDate()), h:Number(d.getHours()), i:Number(d.getMinutes()), s:Number(d.getSeconds()) }; }, //8桁年月日文字列を日付データで返す //yyyymmdd → Date() str2date:function(date){ return new Date(date.substr(0,4) , date.substr(4,2)-1 , date.substr(6,2)); }, //日付を文字列で返す //Date() → string date2string:function(dd){ if(!dd){dd=new Date()} var y = dd.getFullYear(); var m = dd.getMonth()+1; var d = dd.getDate(); m = (m<10)?"0"+Number(m).toString():m; d = (d<10)?"0"+Number(d).toString():d; return y.toString()+m.toString()+d.toString(); }, //2つの日付の期間 ※date1,2はstring(yyyymmdd) range:function(date1 , date2){ var d1 = this.str2date(date1); var d2 = this.str2date(date2); return ((d2-d1)/(60*60*24)/1000); }, //yyyymmddフォーマットの日付から*日後の日付を取得する move:function(date , moveCount){ //Date(),フォーマットに変換 var dd = this.str2date(date); var d2 = new Date(dd.getTime()+(moveCount*60*60*24*1000)); return this.date2string(d2); }, //yyyymmdd形式を送ると曜日を返す str2week:function(date){ var dd = day = str2date(date); return dd.getDay(); } }; windiw.$$DATE=$$; return $$; })();

要望受け付けます

他にもこんな処理どー書くの?とかいう質問もらったら、追記していきます。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。