失敗をする人の成長率とその環境

2015年4月8日

学習 日記

何をやっても不器用な人と言うのは、自分に自信がない人が多いようです。 逆に、根拠もないのに、自信を持っている人もいます。 仮にどちらも不器用な人だとすると、自信がない人と言うのは、成功をするイメージがなく、見ていて痛々しい感じです。

失敗を恐れるなと簡単に言うが、誰でも失敗は嫌なものである

仕事で失敗すると、上司や取引先から怒られるのは目に見えてます。 怒られるのは誰でも嫌なものですが、環境にもよりますが、失敗の質という事に意識してみましょう。 もちろん失敗しないに越したことはないですが、以前に同じ失敗をした事を、もう一度失敗しているのは、下の下のレベルで、 一度してしまった失敗を二度としない様に体に染み込ませられる人という、いい意味で、1度目の失敗は、その人のスキルが大きく伸びるチャンスな訳です。

最もラッキーな失敗とは?

失敗にラッキーがあるのかどうかというと、間違いなくあります。 それは、失敗しても怒られなかったという事ではなく、他人の失敗です。 他人が怒られてます。 それを、自分は同じ事をしないと、体に染み込ませることが出来るとしたら、どうでしょう? 他人が失敗すればする程、自分のスキルが伸びていきます。

さらなる高みを目指すには

自分のスキルの伸ばし方が分かったら、他人が失敗しない仕組みを考えましょう。 あなたの周りは失敗をする人が居なくなってきます。 どんなに素晴らしい環境でしょう。

失敗して、組織が伸びる法則

前半は個人の考え方で、後半は組織の考え方です。 始めは、個人レベルで十分なのだが、必ずその先に組織を見ましょう。 誰かを犠牲にするのであれば、恩恵は返してあげましょう。 そうすることで、自分の失敗も他人が防いでくれることもあります。 そんな環境が作れた時は、そこにいるみんなが、失敗を恐れない、器用な人が増えてくる事でしょう。 あなたの職場は、器用な人が多いですか?

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。