IoTを熱弁している人は、年取った人が多いことに気がついた

2015年2月22日

テクノロジー 日記

昨今、IoTが盛んに叫ばれてますが、 知人に聞いても、誰もこの言葉を知りません。 開発員に聞いても、知りません。

Iotという言葉の知名度は低い?

僕はどこでこの言葉を聞いたかというと、 エンジニアのイベントに行った際に、講演していたタイトルだったので!印象深かったんですが、 イベントによく行っている人などが知ってる言葉でした。 この言葉は、ラズパイが流行り始めてから、よく聞く様になった印象があり、言葉自体は、1998年に言われたそうです。 1998年て、Windows98やんけ。 この時期にIoTて、 インターネットの出始めぐらいでしょ 正直、今のIoTと、意味違いますよね。

もしかしてだけど、気がついた

それから、さらに気がついたのは、この言葉を言っているのが、大学の教授だったり、doconoのお偉いさんだったり、官僚のお偉いさんだったり、大臣の爺さんだったり、 とにかく、年寄りが言っている所しか、見たことが無いことに気がつきました。 言葉の意味や、将来性は、非常に共感でき、そういう仕事を将来行いたいという、希望もあるのだが、若者が知らずに、年寄の言葉だと気付いて、あるシチュエーションが浮かんできた。 「Iotは、先生方の頭の中だけで想像されていて、現場では、認識すらされていない」 どういうことかというと、まだまだ未来の話で、実際の開発員は、戯言としか受け止めていない。 または、そういう、空想論をきくよりも、実際にモノを作ったほうが良い。

これは、イタイ!

もしかすると、IoTということばは!イタイ言葉なのか?! こんな事を考えるぐらいなら、「ラズパイで、自宅に自動ドアを作ってたほうが、いい」という結論にたどり着きました。 とりあえず、この「IoT」という、言葉の今後の課題展開を、楽しんで見守ることにしましょう。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。