自販機で「おしるこ」を買う人はマイノリティなのか?

2015年2月7日

日記

冬になると自動販売機で「おしるこ」をよく買う。 自宅近くの公園の前に、100円で買える自動販売機があり、冬になると、おしるこがラインナップされる。 会社帰りのちょうどいい場所にあるため、脳みそがつかれていると、おしるこを買う事にしている。 寒くなると、何故か美味い!

「おしるこ」と「ぜんざい」って何が違うの?

子供の頃は、母親がストーブの上で大きな鍋を置いて、小豆から、ぜんざいを大量に作っていて、うちら兄弟が、スキなだけそれを食らっていた。 未だに甘党という事もあり、「疲れたらぜんざい」というぐらいのマニアであるが、そもそも、嫁と話しをしていて、ぜんざいとおしるこの違いが全く説明できなかった。 ネットで調べてみたところ、関東と関西で内容が違うようだ。 関東でのおしるこは、僕が子供の頃に食べていたああいう汁が入っているモノ全般を「おしるこ」、汁なしの、お餅にあんこをのせて食べるお菓子のようなものを「ぜんざい」というらしい。 知らんかった!! それもそのはず、これは色々な説があるらしく、明確な違いは説明できないらしい。 でも、うまければ、おしるこだろうが、ぜんざいだろうが、どっちでもいい。 確かにパッケージの絵が汁物だから「おしるこ」なのか・・・

自販機でおしるこ買うのかい?

会社に自動販売機が設置されている職場に務めている人の中で、その自販機に「おしるこ」がある場合ってあるのだろうか? 僕は今までの職場では、おしるこは皆無だった。 あんなにうまいのに何故か全く理解できなかったが、ある時、「コーンスープ」の方が人気がある事を知った。 会社で、ジュースの中身をアンケートとっている時に、だいたいの人がコーンスープを望んでいた。 そして、おしるこを薦めた所、ハナで笑われてしまった。 そんなにおかしいのか・・・ 以来、おしるこはマイナー路線という事を認識した。

おしるこマニアックス

そんなマイナーなおしるこだが、実は色々なメーカーが発売している事実を知っているだろうか? 一番、よく見かけるのは、アイキャッチにある、Asahiのものだろう。 他にも、伊藤園POKKADyDoコカ・コーラ、大手のメーカーもこぞって発売しているが、この記事を書きながら、あるメーカーに注目してみた。 なんと「井村屋」が発売しているようだ。 つぶ入りおしるこ(井村屋) まだ、口にしたことがないおしるこがこの世にあったとは・・・ あんまんで一番好きなメーカーの作ったおしるこ・・・美味いに違いない・・・ この冬の目的が出来たことに、おしるこで乾杯するとしよう。