「加湿器」について考えてみた

2015年2月6日

ガジェット レビュー

21度の室温で、65%の湿度を16時間保つと、部屋の中のウィルスの増殖力と繁殖力を99%も奪ってくれるんだそうです。

加湿器の間違った使い方

カビが一番の天敵らしいですが、加湿器は水道水を使わないといけないんですね。 水道水のカルキが防腐剤の役割になるそうです。 ミネラルウォーターを使うと1日でカビだらけだそうです。 これ知らんかった!!! 日本の水道って世界的にもクオリティが高いって聞いたんで、そういう事を考えると、なんて素敵な環境なんだろう・・・

うちで使ってる加湿器

昨年末ぐらいに、コストコで見かけたデザイン系の加湿器なんですが、今まで使ってきた中で、一番良かったので、ご紹介します。 PRISMATE「サブリエ」っていう商品で、白と黒が売ってたんですが、この間、テレビで、紺色とワインレッドみたいなバリエーションも増えてました。 値段も5000円程度だったんですが、なかなかの蒸気の量で、12畳のうちのリビングがだいたい55%ぐらいを保ってくれてます。 あれ?でもamazonで見ると7500円ぐらいだ・・・コストコやる〜〜。 (2015年2月時点) ベストは65%だとすると、もう一声って思うんですが、なんか工夫してみますね。 是非、家電量販店で、チェックしてみてください。

加湿器に望むこと

湿度を保ってくれるだけで基本的にはOKなんですが、給水するのが本当にめんどくさいんです。 いっそ、水道に直結できる、食洗機みたいなやつ、業務用ではなく、家庭用でなんかできないでしょうか?

加湿器を自作?

このワードで検索すると、出てくるのは、水の入ったバケツに、新聞紙を突っ込むとか、コップにコーヒーフィルタを差し込むなどの、アナログなのばかりひっかかるんだけど、デジタルで作ってみたくて調べてみたら、あの蒸気って、超音波で作ってるんですね。知らんかった! ちょうど、給水タンクが壊れた加湿器があったんで、それを改造して、便利な加湿器を自作してみますんで、また紹介します。