2015年1月22日

日記

運は気まぐれかもしれんが、確かにツキまくってる人はいる。 夏場によく、アイスの当たりくじを引くと、 「こんな小さい所に運を使ってしまった。」 と、嘆く人がいるが、そいつ自身が、ちっこい人間だな感じる。でもツイてる。

そもそも、運は、確率論なのか?

アタリハズレは、 均一に入っているとすれば、回数をこなすと、同じ数当たり、同じ数外れるのか? 統計学から言うとイエスだが、人生においてはノーだろうな。 何故なら、人生は、一度きりという、場面が余りにも多いから。

ラッキーな運は確実に起こせる?!

逆に言うと、ついてる様に見えるヤツは、一度ではなく、何回もチャンスをつかんでるからだと思う。 確率論、統計論、て言う理論で考えても、一度より、二度のほうが、二倍の確率だ。 要するに、へこたれてもいいから、継続できるヤツ(何度もトライするヤツ)ってのは、チャンスを掴みやすいって事。 飽きっぽかったり、すぐに、投げ出すヤツ。いるよねー。 こいつら、常に一発勝負。 見えない所で、頭いいヤツが得する仕組みになってる事に気付け!