インセンティブの損得勘定

2015年3月29日

マインド 日記

その昔、ゲーム会社で給料を貰うのは、有難いと思っていたが、何時からか、その額が少ないと思い始めた。 一緒に働いている同僚と、技術の話をして、他者の給与の話でうらやましいと思って、自分とは縁遠い話と思っていたが、 会社の経営層の考え方が違うと思い始めて転職を決めた時から、転職したら給料を人並みに上げてやろうと考え始めた。

後悔のない転職は博打と変わらない

転職用にとポートフォリオを作成し、たくさんの会社に書類を送り、行けるだけ面談をして、一握りの会社から内定を貰ったが、 なんだか釈然としなかった。 少しは給料が上がったが、ガツンと上がりはしなかったからだ。 今か思うと、大して実力も無いのに、頑張ってたなと思う。

人生の方向転換

転職先で、触ったこともないサーバーに触れる機会があり、いじっていたら、周りの人より詳しくなったので、 社内システムの担当になり、社内システムをwebで作ってあげたら、webエンジニアとして、スキルが付いていた。 さらに転職した会社で、重宝がられて、役員になったが、未だに釈然としないのは、自分がやりたいと思うことは何一つできていないからだと思った。

給料が報酬と感じたのは社内全体の給料が見えてから

インセンティブなんて、営業のお小遣いという認識しか無かったが、自分が若い頃にそういうニンジンをぶら下げられていたら、やる気が出ただろうか? インセンティブの額を時給で換算したのではないか? 他に貰っている人の額と比較をして、経営層への不満を募らせてたのではないだろうか?

今時の若者

古い言葉で新人類と言われた世代が今や30代。 ビジネスマンとしては、若手だったり、中堅だったりするが、僕の部下は、まだまだ物足りない感じがする年代だ。 そんな彼らに、会社から、インセンティブ制度が出来たと伝えたところ、 反応は鈍く、こっそり飲みに行って話を聞いたところ、
面倒くさい。 あまり関心がない。 大した額ではないので、どーでもいい。
という反応。

納得できるがそれでいいのか?

20代、30代の若手には、小銭でもいいので、一喜一憂して、それでも頑張って欲しいのだが、こちらのそうした思いは、伝わらないことが、改めて分かった。 世代が違うのではなく、経営側と雇用側では、意識が違うと感じた。 永遠に交わらないだろう。 僕もそうだったように。彼らも考えが大人になっていく事で、分かることも多いだろう。 成長しても、永遠に交わらないが、自分のエゴの為に、突き進もうと、考えて、納得が出来た。

一番印象に残った言葉

一番の若手が、「大した額なら、貰わないほうがマシ」と言うような発言をしていて、多く報酬をもらえる事だけが、モチベーションではない事に、気がついた。 一体どうすれば、モチベーションを上げられるのか悩んだのだが、 人が、コントロール出来ない事も理解しないといけないと思う。 それでも、マネジメントは、心理学者のようにならないといけないのか、分からない。 一つだけ言えるのは、気の合う仲間達との、仕事や遊びは、モチベーション上がる事は間違いない。 という事は、仕事やルールよりも、身の入った関係性が重要と気がついた。 関係性というあやふやな物は、小さな歪みでも簡単に崩れることも、よく分かった。

人気の投稿

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。

ブログ アーカイブ