答えがないモノに対して答えを探す姿勢

2022年12月15日

マインド 学習

eyecatch 最近気がついたんですが、色々な人と話をしている時に、一生懸命考えている人と、何も考えていない2タイプの人がいます。 常に何かを考えている人か、ホントにまるで何にも考えていないか、大体このどちらかなんですよ。 考えていない人の事を悪く言っているのではなく、何かを考えている人が、何を考えているのかが非常に気になってしまいました。 二人で話をしているのに、相手の人はつい先日仕事で失敗したらしく、ずっとその事を考えていて、何か違う話を切り出すと、必ずその失敗したことにつなげて話をするのが非常に気持ち悪くて、「マジ勘弁!」という思考になってしまったんです。 まあ、気持ちは分からなくもないですが、そういうのって相手に悟られないというのも必要なお作法なんですね。 という事で今回は思考する事についての話です。

正解の無い答えを見つける思考が色々なスキルをアップさせる法則

世の中は大体が答えの無い問題だらけなんですが、インターネットが一般的になってから人類はネットに書いてあることが正解と勘違いし始めてしまいます。 もちろん、ネットの全てがウソを書いている訳ではなく書かれていることの大半は正しい事かもしれません。 フェイクニュースなどを人々が信じやすいのは、その記事などがインパクトがあり、記憶に残りやすいからなんですね。 事実はさほどインパクトが薄い印象で、どうしても面白みを追求してしまう心理が働いてしまうんでしょうね。 そんな中、答えがないモノに対して、そこから自分の答えを考えてみるという人って、限りなく少ない印象があります。 何かを探す時に、多くの人がネットで検索して、対象の記事があったらそれで目的達成になり、検索結果がなかった場合は、ネットにないという事を自分の脳にインプットして終わると思います。 ここで、思考のレベルが高い人は、「ネットで検索して無いということは、世の中であまり考えられていない事である」と認識します。 そして、その事に対して自分の思考をネットにアップすれば、SEO対策などしなくても、検索結果で1位を取れることは間違いありません。 でも、自分の意見は学術的にも正確ではなさそうだし、自身もないし、恐れ多いと考えるのが普通の人の思考ですが、ここを乗り越えることが出来る人が、思考力の高い人だと思います。

答えが無いモノって一体何?

一体、答えがないってどういう問題なんでしょう? 入試問題だとしたら大問題ですよね。 でも、世の中は答えが無いモノの方が多いはずです。
・宇宙ってどのくらいの大きさ? ・やる気が出ない日がるのは何故? ・甘いものが美味いと感じるのは何故? ・自分って何者?
ネットで検索すると、ソレっぽい答えが書かれているページがあり、それを読むと納得できますよね。 なんか、こういう答えのない問題を考えるというのが、少し面白く感じたのは、このブログ記事を書いたからでしょうか? そして、それぞれに対して自分ならこう考えるという思考が、次々と浮かんできてしまって、ブログ内容が別方向に進んでしまいそうなので、謎を考える思考はここで停止! 人と話している時などに、その人の答えを聴いて鵜呑みにするのではなく、自分なりの答えを持つと、会話もより面白くなるかもですね。 その答えが相手を批判(否定)してしまう場合は、言わないという選択肢もアリです。

自分の意見を持ち続けると人は頑丈になる

自分の意見を持っている人って、自身があるように見えません? でも、自分の意見に自身を持ちすぎてしまうと、「頑固」に見られてしまって、自身過剰な印象も持たれてしまいます。 また、明らかに効いている相手が、自分の意見に対して相反する意見を持っていると、関係がギクシャクしてしまうかもしれません。 そういうコミュニケーション力も同時にアップさせる必要がありますが、それも全て思考の先にある技術の一つという事です。 逆に、全く自分の意見を持っていない人って、本当に薄っぺらく見られてしまうんですよ。 もちろん、話し方の技術にもよりますが、誰かが言っていたようなことばかり口にしていると、話をしているオチまで全て予測できてしまって、つまらないという印象しか残らないんですよね。 全ての根源は、自分の意見を持っているかどうかという所にあるのではないかと考えられます。 自分の意見に自身のない人は、別に人に言わなくてもいいので、「自分ならこう思う」をしっかりと考えてみると、自ずと自身はついてくるものですよね。 いつまでたっても自身がつかないという人は、自分の意見の深堀りが足りていないかもと自分に問い直してみるといいと思いますよ。

あとがき

自身に満ち溢れた人は、必ず自分の意見を持っているし、 魅力的な人は、その人の思考で魅力的な発言をします。 「あなたは、どんな人に魅力を感じますか?」と聞かれたら、どう答えますか? その答えは自分しか言えない答えであって、それがあなたの将来像であることは間違いないので、是非それを他人にどんどん言ってみるといいですね。 え?自分はどんな人に魅力を感じるかって? ユゲタは、「元祖天才バカモンのパパ」ですね。 あの揺るがないアイデンティティは、世の中最強の匂いがプンプンします。 バカ田大学、入学したい・・・

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。