ITに詳しくなりたい、プログラミングを覚えたいと考えた時に、人は可能性を感じている話

2022年7月15日

学習

eyecatch 最近よく30年以上前の中学生の頃を思い出す、ユゲタです。 オレ、もう死ぬんかな?と思っていましたが、どうやら自分の人生の起源がそこにあると言う事が友達と話をしていて気がついてしまいました。 そして、先日、結婚した娘と話をしていた時に、これまで保育士として仕事をしてきた娘が、将来子供ができた時のために、パソコンを買って、子育てしながら仕事ができる準備をしたいと話しているのを聞いて、より中学校の時の自分が感じた思考を思い出してしまいました。

ITの可能性

テレワークに最も向いている仕事は、IT関連の仕事でしょう。 しかも、自宅で行う内職などと違い、手取りの金額なども、これまで決まった場所で仕事をしないと、一定の金額が保証されなかった所が、テレワークはまさにテレポート昨日と言わんばかりの高額な収入を得る事も可能な魔法の道具のように思えてなりません。 もちろん、テレワークを重視した仕事で普通の就業者と同じレベルに稼ぐためにはそんなに簡単にできるわけではないのですが、 そう考えて安易にプログラミングを学習し始めて、あまりの難しさに挫折をしてしまう人は、ちょっとした覚悟と要領が足りなかっただけで、やっぱりITを使った仕事は将来的にもすごく有効なので、簡単に諦めるのでは無く、面と向かって向き合った方がいいと思いますよ。 そうITを使うと、自分で作りたいと思ったものが、これまでは作れなかったけど、デジタルで作れるようになる可能性が圧倒的にアップします。 ITが使えないと、アナログでモノを作るという選択肢しか残されなくなります。 ITは情報技術の略ですが、紙と鉛筆で学習してきた人類の新たなツールであることは間違いありません。

ITの学習ってまず何をする?

  1. 独学でプログラミングを勉強する。
  2. 自分がやりたいことの参考書を買ってそれを読みながら学習する。
  3. お金を出してスクールに通って学習をする。
  4. 詳しい友達に教えてもらう。
IT、プログラミングを学習したいと思った時にまずやらなければいけない事は、「目的」を作る事です。 これが逆転している人が圧倒的に多く、ゴールの無い学習を始めてしまって、結局何をどのくらい学習すればいいのかを、自分でも理解できなくなって、 自分で勝手に難しく感じてしまって、挫折をするという結果になる人が9割以上いるそうです。 何をやりたいかをプログラミングに詳しくなってから決めようと考えている人は、目的もなく運動を始めて、さてどのスポーツをしようか体を鍛えてから考えようとしているのと同じで、 体のどの部分を鍛えればいいか、自分でも決められなくなってしまうのと同じですね。 ITはできる事が無限大な上、なんでもできてしまう為、やりたい事という目標を持たないと、何も身につける事ができないという事に気がつくと、 ITを学習するのではなく、何かやりたい事を実現するためにどんなITを習得すればいいかという事に気がつきます。

学習者の迷い

日本の教育で失敗しているモノの一つに英語教育というのがありますが、英語教師でも英語が話せないという人も少なく無いのだそうで、同じ事がプログラミング教育でも起きているようです。 プログラミングを学習しても、仕事でまともに使えないという、意味のない学習をしてしまっている人がいるようです。 これは笑い話ではなく、仕事現場で、「スクールに通った人は、プログラマーとして使えないから、会社で採用したくない」という人事担当の人の話を聞いた時に、 人を評価するのではなく、プログラミングスクールを批判しているだけで、分からなくないですが、逆学歴採用という不思議なHR現象が起きているという話を聞いた事があります。 スクールに通って学習をしてきた人も、せっかく断腸の思いで、高い金を出してプログラミングスクールに通ったにも関わらず、そんな理由でIT会社に採用してもらえないって、めちゃくちゃ悲しくないですか? それを覆すには、圧倒的なスキルを身につける以外にないのかもしれませんが、やはりIT学習にはセオリーは無いですが、思い違いをしている人も多分にいるのも事実なようですね。

正攻法などないIT学習

このプログラミング言語をやれば必ず成功する。 なんて言う方法は一切なく、自分で自分の学習を作っていくのが、本当は一番いい学習方法なのですが、ITがわからないと、何をすればいいかわからないという状態から抜け出せず、 誰もが最短コースでなんとか学習を終わらせてしまいたいと考えてしまうようです。 結果的に、遠回りをする人ほど、ITスキルが高くなるという事実を教えているプログラミングスクールって、ほぼ無いですからね。 重要なのは、ITを詳しくなって何をどうしたいかという事に答えを持っている人だけが、効率的な学習ができてしまうという事を知る事ですね。 人に、「自分何ができますか?何すればいいですか?」そんな事を聞く暇があったら、ITで無限にできる事がある中で、自分しかできない事を想像する方がより現実的ですよ!

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。