100日後に完成するゲームシステム 6日目「3Dキャラクタ」

2021年1月17日

テクノロジー 特集

eyecatch デジタル・イノベーション・クリエーターの、弓削田です。 ゲーム作りで重要な、登場キャラクターを3Dで作りたいと思いますが、 まだシナリオも、デザインも、何も考えていないので、 簡単なポリゴンキャラクターを作っておいて、ゲームサンプルとして使っていこうと思います。 作り方は前回学習したBlenderを使って、ソフトに慣れる意味も含めて進めます。

Blenderでモデリング

まずは、簡単にboxを用いた簡単な男の子を作ってみます。 flatシェードで確認しながら、ポチポチと構築。

マテリアル設定

見た目が安定したら、次はマテリアルを割り当てます。 今回はテクスチャは使わずに、マテリアルカラーのみで行いたいと思います。

ボーン設置

キャラクターを動かすための骨を入れていきます。 ボーンに対して頂点のweight付けをセット、これが結構時間がかかってめんどくさいけど、がんばる!

アニメーション設定してレンダリング

アニメーションは、立ちポーズと歩きパターンを設置します。 この時、歩きパターンは、連続して歩けるように意識しないといけませんね。 アニメーション設定ができたら、次は、 クォータービューで動かすため、4方向それぞれのアニメーションパターンのレンダリングをしなければいけません。 効率を考えて、4方向それぞれにカメラを4台設置して、出力しようと考えています。 そうすることで、アニメーションパターンは1つだけで済むので、効率化できます。 ・・・って考えていたんですが、影の付き方がおかしくなるので、やはり4後方の動きを付ける必要があることに気がついてしまった・・・orz

出来上がった素材

そして、完成したパターン画像がこちら。 方向別に、立ちポーズと、歩きアニメを並べて配置しています。 それをcssでstepアニメ処理すれば、以下の通り。
これでjsでコントロールして、キャラクター動作できるようになりそう!

人気の投稿

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。

ブログ アーカイブ