自分のラッキーポイントを再認識してみる話

2024年1月13日

マインド 日記

eyecatch 今日のラッキーカラー、ラッキーアイテムなどを占いなどで見て真に受けている人は、非常に幸せな人生を過ごしていると思います。 そんなラッキー他にも無いものかと考えてみたら、自分も毎日ラッキーなポイントをいくつも意識していたことを思い出しました。 幸せを人に分け与える意味も込めて、ブログで自分のラッキーポイントを紹介したいと思います。

寝起きの目覚めスッキ率

誰もが、一日のスタートは目覚めからです。 目覚めた時にどれだけ熟睡できたかで、スッキリ度合いが大きく変わるはずですが、その日に何か嫌な予定があったりすると、どんなに熟睡できてもスッキリすることはないです。 嫌な予定ってどんなのがあるかというと、サラリーマン時代は、会社に行くこと自体が楽しくも何ともない時期などもあるし、誰かの悪口しか言わない様な会社上層部が集まる会議があったり、 ちょっと態度の悪い、お客様の所に訪問をしなければいけないような予定ですね。 こんなん誰でも嫌な気分になるのは間違いないでしょう。 そういう人、いっそのこと会社辞めて、もっと毎日スッキリできる環境に切り替えたほうが良いですよ。(勝手なこと言ってすみません。) とにかく、寝て起きたそのタイミングでスッキリしていることがラッキーポイントであると、その日はとても気分良くスタートできるんですよね。

朝の太い一本◯◯

そう、あれです。 トイレのアレです。 汚くてすみません・・・ でも、これかなりのラッキーポイントで、体調万全のバロメータだということを、小学校一年の時に教わったのを今でも覚えています。 なかなか自分で見ることができない体の中の不調を、コレで確認できるので、確認しないと逆にもったいないという思考もあるんですよ。 理想はバナナ的なヤツですよね。

スポジムで60kgトライ

毎日(ほぼ)午前中に近所の激安スポジムに行く日課にしています。 自分のベンチプレスの限界が60kgなんですよね。 (軽〜〜と思った人、ムキムキマンですね) でも、今のところ僕にはコレが限界なんですよね。 この限界の60kgがどれだけスムーズに上げられるかで、その日のスッキリ度が変わります。 調子が悪いと、メチャクチャあがいて、ようやく上げられるという見た目もカッコ悪い状態ですが、 調子がいいと、スッと上げられてしまいます。 毎日同じことをやっているのに、なんでこんなに差が生まれるんでしょう? 来年は、70kgまで上げられるようにトライしたいと思います。 このスキルアップ感も、ラッキーポイントになるかもしれませんね。 とにかく、このスムーズに限界突破ができるかどうかが、ラッキーポイントです。

くまモンおみくじ

以前、仕事でホームページを作らせてもらった関係で熊本大学にお邪魔した時に、熊本城のふもとのお土産屋さんで購入した、くまモンのおみくじキーホルダーをスマホにつけています。
このくまモンおみくじを1日1回ひいて、その日の運勢を占っています。
このおみくじ1ヶ月ぐらい前に購入したんですが、これまで一度も「大吉」に出会ったことがありません。 (コレホント) 凶と吉ばかり出るので、いつの日にか大吉が出てくれることを願って毎日占いを楽しんでいます。 (もしかしたら、大吉が入っていなかったりして・・・)

部屋の掃除

勘違いしてもらいたくないのですが、ユゲタの部屋はとんでもなくとっ散らかっています。 でも、たまに掃除をします。 このたまの掃除をした時に、いつも感じるのは、掃除をして片付いた部屋にいるととても気持ちがいいという事です。 当たり前ですよね。誰でもそうです。 でも、それを毎日掃除しない自分がいるのも許せないのですが、たまに感じるその感覚自体がラッキーポイントです。 片付けを習慣化できる方法・・・ちゃんと時間を作って片付ければいいだけですよね。

あとがき

似たようなラッキーポイントで一喜一憂している人がいると、個人的にとても話が合うのではないかと錯覚してしまいますが、 占いなども、自分が良いことを言われると気分が良いし、悪いとそんな事が起きないように気をつけようと考えるでしょう。 当たるも八卦、当たらないも八卦、正直リアルな生活には何の影響もないかもしれないが、心の影響というのは自分の人生を変えていくエッセンスでもありますからね。 楽しい気分で、ニヤニヤ笑顔を作っていると、周囲に楽しい人が増えてくるというのは、迷信でもなんでもありませんよ。 自分なりの笑える生活を送れるように、ラッキーポイントを見つけて言ってはいかがでしょうか?

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。