ベトナム滞在記 その3

2016年7月14日

ビジネス 日記

ベトナムの人に最近の住宅情報の事を聞く機会があり、ビックリする内容だったので実際に行って写真を撮ってきた記録とメモを残します。

ベトナム人の家賃事情

ベトナムの家賃はピンキリではありますが、知り合いのエンジニアは大体2000000ドンから3000000ドン(大体1万円から1万5千円)ぐらいの相場で一人暮らし用の賃貸住宅に住んでいるようです。 そして、日本からでも検索できるベトナム不動産サイトを調べてみると、3万から12万(もっと上もありようです)ぐらいの物件が見受けられます。 レタントン不動産 恐らくこれは推測ですが、国外の人向けの高級志向の住宅ではないかと思われます。 多くが日本、中国、韓国、などに向けた仕様になっているのが目立ちますね。 ちなみに、僕の知り合いのアパートはエアコンが設置されていないそうです。 「電気代も高いからね」と笑いながら言っていた姿が目に焼き付いています。 オフショアとしてもてはやされている実態の裏には、贅沢な暮らしをする日本人の姿と裏腹に日本人の10分の一程度の給料しか手にできないベトナム人が健気に生活しているという事を知ると非常に心苦しい感じもします。

ベトナムは日本よりも高級路線

ラグジュアリーはベトナム人ではなく、多くが諸外国人向けのアピールと思われますが、ベトナムはマンションとショッピングモールをドッキングさせた◯◯CITYという建築が2016現在では真っ盛りなようです。 街中、高層マンションやら広い敷地を囲っての工事が目立ちます。 2つほど施設に訪れてみたのですが、まるでアミューズメントパークのような佇まいにマジでビビりました。

Royal city

VitconMegaMall まず驚くのが、敷地内の広さと高層マンションの圧倒感ですね。 地下階に入ると、そこには地上の広さのまんま、ショッピングモールが並んでいます。 写真では伝わりにくいですが、東京ドームよりは広いと思われます。 なにより驚いたのは年中無休で、スケートリンクが備わっているという事ですね。 他にもトレーニングジムや、プール、他にもアミューズメント要素満載になっています。 仮にこの賃貸マンションに住んでしまったと考えたら、休日は敷地内から一歩も出なくなってしまうでしょうね。 まさに「引きこもりマンション」です。 ちなみに、こちらのマンションの1ヶ月の賃貸料金は1000ドル(10万円)だそうです。

Plutinum Cineplex Times City

この場所も敷地は膨大に広く、今現在もさらに拡大中だ荘です。 マンションも25階から30階ぐらいの見上げると首が痛くなる高さが乱立しており、まるで一時期の多摩ニュータウンのようなベッドタウン化さながらです。 しかし、ハノイのビジネス街から少し離れていて車で40分から50分ぐらい掛かってしまうため、週末はいいが、平日は渋滞に悩まされる物件かもしれませんね。 敷地内に、学校や病院なども入っていて、本当にCITYと呼ぶにふさわしいエリアになっています。 もちろん敷地から一歩出ると、伝統深いベトナムの市場や路地裏も堪能できます。 一番の感動ポイントは、モール入り口にある、噴水ショーでしょう。 日替わりで色々なバリエーションがあるらしいので、観光された方は楽しめると思います。 こちらのお家賃は800ドル〜850ドルぐらい。 中心街から少し離れているという事で、少しお値段が安いらしいのですが、驚愕のセレブ生活ができます。

日本に例えると・・・

高層マンションの地下に超大型ショッピングモール。 日本でこんな場所ってあるかな?と考えて一番近いのは「六本木ヒルズ」であることに気がついた。 確かに首都の中心にあり、高層マンション、ふもとにショッピングモール。 郊外でいうと、まるで、コストコやIKEAの上に大型マンションが建っているような環境ですが、そんな場所あるんでしょうか? ちなみに、ベトナムの普通のマンションで中心街あたりで5万円も出せば2ベッドルームのものがある事を考えると、 10万円程度はベトナム人には手も足も出ない金額かもしれませんが、東京で都心に住んでいる人であれば、普通の値段に聞こえるので少し不思議な気がしますが、これを六本木ヒルズで考えると、階数にもよりますが、月額で調べてみると、下は50万円から上は150万やら300万やら、もっと上などの検索結果がどんどん現れてきてとてもバブリー。 なんと10倍どころの騒ぎではなかったですね。 アホみたいに高いです。東京。いや、ベトナムが安すぎるのか??? とにかく、こうしたモールシティが増えているベトナムは羨ましい限りです。 マンション内も見学してみましたが、マジでセレブ環境ですよ。 住人はプールやスポーツジムが無料で使い放題。 中にはには、テニスコートからフットサルコート、バスケットコート、屋外プールと、「どんだけ〜〜!!!」って言わんばかりの設備が充実。 僕は考えた。「ベトナムでテレワークすればいいのだ!」日本企業よ。これ以上の福利厚生はないかもよ!!!

Plutinum Cineplex Times Cityの噴水ショー

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。