使いづらいシステムの正体

2021年9月4日

日記

eyecatch コロナ渦の特権、会社の月次支援金の申請を厳かに行っていた、ユゲタです。 一時支援金が無事に採択され、続けて月次支援金という流れだったワケですが、 改めて、政府のシステム入力をやっていて、非常に入力がしずらい、進まない、面倒くさい、と思ってしまうポイントを見つけてしまったので、 その内容をまとめて、改めてユーザビリティについて考えてみたいと思います。

公的機関の入力フォームは、なんで入力しずらいのか?

これは公的機関ではなく、通常のwebサービスを公開している人や、会社などの「お問い合わせフォーム」レベルでも通じる内容だと思われるので、 幅広いEFOのお作法という感じに見てもらって、問題ありません。 いくつかポイントがあったので、リストアップしてみます。
1. わかりきった内容を入力させられる 2. 全角半角縛りがウザい 3. 各種説明がクソ長い上、不親切 4. 自動保存されるかどうかが、一切わからない
さらに、それぞれを掘り下げて説明します。

1. わかりきった内容を入力させられる

冒頭に、会社名、郵便番号、住所、電話番号、法人番号の入力を求められるのは、普通に思われるかもしれませんが、 法人番号に、全て付随されている情報(申請時に入力しているので)で、かつ公開されている情報であるのに、 すべて入力しなければいけないという、面倒くささ。 公的機関内で、登録されているはずのマスターデータが、一切共有されておらず、データ連携ができていないことがモロバレの事象です。

2. 全角半角縛りがウザい

郵便番号、番号は半角数値しばりなのに、住所欄は、番地などの数値も、建物に英字が使われている場合でも、全て全角縛り、 さらに、通帳情報の登録においては、講座名を半角カタカナ縛りという、めちゃくちゃめんどくさい仕様。 漢字、カタカナ、ひらがな、ぐらいの区分けはOKなんだが、自動変換できる、半角全角は、正直もう、時代錯誤でやめてもらいたい。 システム開発社が、データベースのSQL文の書き方をそのまま入力規則にしていると思われる。

3. 各種説明がクソ長い上、不親切

そもそも、入力ページに行く前に、この「月次支援金」の説明をするページがあるんだが、説明が、すべてPDFで文字ビッシリ解説の資料をダウンロードして、それを読み込む必要が有る点で、 正直ドン引き。 そして、ページ内は、説明PDFに何の説明が書いてあるかという説明がされている始末。 そのページがコチラ期日が来たら、見れなくなってしまうと思いますが、 期間内であれば、反面教師的に御覧ください。

4. 自動保存されるかどうかが、一切わからない

入力をしていくと、セッションタイムが1時間になっているらしく、必要書類を準備している間に、セッションが切れることは、まあ許されるんですが、 入力してある状態はある程度は自動保存してくれているようなんですよね。 でも、自動保存についての説明は、一切なく、ページ遷移のタイミングでキャッシュしているのか、入力項目の単位でキャッシュしているのかも不明な状態。 (おそらく前者だと思われる) ファイルのアップロード系は、アップロードタイミングだと思われるんですが、1ページ内の入力フォーム数が多い場合に、どこまで自動保存されているか不安になるんだが、かくにんする術はなし・・・

すべてEFOで解決できるのに・・・

そもそも、2回目移行は、ある程度自動入力されるという事も説明されていたんですが、一時支援金の採択された後で、月次支援金のページに来て、「情報を引き継ぐ」ボタンを押しても、 「引き継ぐ情報はありません」とエラーの出る始末。 バグなのか、何かしらのお作法が必要なのかもわからずじまい。 こうした事も含めて、すべて、EFOという概念や、サービスを利用したら、ほぼ利用者はストレス無く入力完了することはできるのに、 まったく、ITリテラシが低い、公のシステムというのは、困ったものである。 子供のプログラミング教育を進めるのではなく、社会人に必要なITリテラシ教育も考えてくれよ〜。と密かに思ってしまった。 そして、前回の月次支援金を申請したのがちょうど3ヶ月前、で、会社の「履歴事項全部証明書」が2日前に3ヶ月有効期限が切れていたということに気がついたのは、 入力フォームの最終ページでした。 いや〜、自分、これらのフォームとほんとに相性が悪いと感じた瞬間でしたね。 運も含めて・・・

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。