オレ流ランディングページの作り方 #3「デザインについて」

2021年9月7日

テクノロジー 特集

eyecatch 理想LP研究科の、ユゲタです。 「LPでいちばん重要なのはなんですか?」 と、web製作者に聞いたら、「デザイン」と答える人が圧倒的に多いでしょう。 実際に、LP製作って、webデザイナーというジャンルの人に発注するケースも多いので、そうした仕事の区分け的にもそうなっているんだと思いますが、 前回にもお伝えしたとおり、LP 製作の9割は、文言などの思考をするところに使用されてしまいます。 でも、最終的に出来上がったLPで、評価されるポイントは、デザイン面が9割です。 これに納得がいかないweb制作者もいるかもしれませんが、ボクが個人的に考えているのは、デザインも文言もすべて制作者のスキルによっていくらでもカバーできるという事です。

デザインにセンスは必要ない?!

まずはじめに言っておきますが、プログラマーを職業にしている人は、ほとんどの人が「自分は計算は得意だが、視覚的なデザインは苦手」と考えている人も多いと思います。 ていうか、プログラマーと言う人は、だいたい、このセリフを言います。 そんな、計算が得意系のプログラマーの人でも、他人が見て、「素敵!」と言ってくれるデザインのホームページを自分で作成することは、いともたやすく簡単にできます。 そうなんです、ホームページデザインって、何が良くて、何が悪いかというユーザーインターフェイス(UI)を見極めることができるようになれば、 誰でも、デザインの達人になることができます。 そして、いいデザインサイトを沢山知っていて、いい意味でその良い箇所をコピーするだけで、誰が見ても「良い」と言ってくれるwebサイトが作れるはずです。 LPは、1ページだけのパターンが多いので、単一ページでデザインセンスとUIのイケてるサイトを作るというのは、それほど難しく無いんですね。

発送こそ最大の武器

でも、「それとデザインは別」と言う人もいるかもしれません。 そもそもデザインって何なんでしょう? 見た目のすべてでしょうか? webページなどの評価するポイントのひとつでしょうか? そういうステレオタイプの考えの人は、「デザインはデザイナーの仕事」となってしまうかもしれませんが、 ここで考えたいのは、webデザインは、 良いwebサイトの条件
色 文字 サイトの構成 機能 ユーザビリティを考えられたストーリー
これらが、しっかりと理論立てられていることがデザインだと、ボクは、考えています。 いいランディングページを作りたければ、これらのことをちゃんと思考できなければいけないということなんですが、 そこには、他のサイトをマネするだけではなく、組み合わせてみたり、アイデアを足したり引いたりしてみたり、真逆の効果を狙ってみるというのも、 結果的にうまくいくかもしれませんが、 こうしたアイデア的な事を考えることこそが、webサイト製作の本質と言えるかもしれません。

地道なスキルアップ法

デザイナーだけでなく、ライター、プログラマー、ディレクターなど、それぞれの専門でうまく融合できなければ、 中途半端なwebサイトが出来上がってしまうことも、上記の「良いwebサイトの条件」理解できます。 そして、もっとも効率的なのは、これらの工程を1人でできてしまうことです。 チーム活動も重要ですが、やはりこれらすべてを含めたスキルを保持することはweb制作者として非常に重要だと考えています。 ということで、これらのスキルアップを効率的に行うには、世の中の幾多あるwebサイトで、自分が良いと思ったものを、よりたくさん見て、 自分なりに理論理解して、それらを、自分のテンプレートとして取り込む事だと言えますね。

人気の投稿

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。

ブログ アーカイブ