MacのターミナルでBase64エンコード/デコード

2014年12月11日

Mac Tips コマンド

今日、メールのヘッダを解析する事があり、IPの遷移やドメイン、タイムスタンプなどを追っていたが、gmail使ってたのて、カナダ行ったり、アメリカ行ったりしてて、めちゃくちゃ振り回されました。 ヘッダ文字列から追うのは難しいかと思って一旦諦めたんですが、添付にcontent-type:spreadsheetとあったので、エクセルファイルが添付されているように見えたんで、その路線で探ってみました。 その時に、メールヘッダで添付がbase64に変換されてしまうので、まずはそのデコードコマンドが非常に簡易だったので、メモがてら書いておきます。

参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/ykmbpp/20090308/1236518887

デコードのやりかた

1、base64の対象文字列を保存して、なんか適当なファイル名を付ける

hoge.txt

2、コマンドで以下を入力

$ openssl base64 -d -in 'hoge.txt' -out 'hoge_out.txt' ※対象のファイルがexcelの場合はxls、photoshopの場合はpsdのように、拡張子は都度変更してください。

3、できたhoge_out.txtがバイナリでちゃんと動作することを確認

※テキストの場合も文字化けしていないか確認 どうやらコマンドの「-d」がデコードらしいので、これをなくすとエンコードになるらしい。 最近のブラウザはbase64でimgタグがかけるので、1つのHTMLファイルで画像も全て入ったものもできちゃうわけです。 デザイナーさんの納品などで活用してはどうでしょう??

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。