10年ぶりに風邪引いた話

2024年3月22日

日記

eyecatch 普段、健康を絵に描いたような振る舞いをしているユゲタですが、先週風邪を引いて寝込んでいました。 インフルでもコロナでもなく、ただの風邪と診断されたのに、 これまでに無いぐらいの発熱と、立ち上がれないほどの重症っぷりに、本人もビックリです。 よく季節の変わり目で風邪をひきガチな人もいるかと思いますが、改めて風邪を引くという行為は、何一つプラスになる要素が無いと感じたので、 その、自分に対する戒めも込めて、ブログに書き残しておきます。

風邪ひいた原因の考察

周囲に風邪を引いている人がいるわけでもなく、いきなり自分だけ光熱出してぶっ倒れた状態だったので、 誰か、身近な人から移されたというのではないことはわかっています。 もしかしたら、街をブラ歩きしている時に、すれ違った人などから不意に菌を移されたのではないかと考えています。 ここ数日、寒い時が続いていたので、普段から少し薄着で過ごす自分が体温管理がちゃんとできていなかったのかとも思ったんですが、 ハッキリいって、ここ10年ぐらい、まともに風邪なんて引いたことが無かったので、免疫が落ちまくっていたのだと実感することができました。 10年前からジョギングを毎日やっていたんですが、最近ではスポーツジムに言って、時間があればランニングマシンを使っているんですが、 仕事の合間に言ってるような場合は、ランニングせずに終了することもあり、有酸素運動が不足していたのではないかと推測しています。

風邪ひいた後の対処法

風邪かな?と自分で思ったら、もはやその時には熱が上がり始めているタイミングで、そこから立っていられないぐらいの急上昇をしました。 今回は、何かしらのウィルスに感染したような症状だったので、病院に言ってみたんですが、2日にわたって検査してみても、まるでヒットしません。 病院の先生も、「ただの風邪」としか判断できないとの事で、くだされた診断は、「ただの風邪」です。 こんなに頭が痛くて、熱が39度後半ぐらいになっているのに、ただの風邪です。 体内に毒っぽい感じがあるにも関わらず、ただの風邪なんです。 そういや、病名が付けられない時に、「風邪」と診断するという話を聞いたことがあります。 要するに「未知の病」と言い換えてもいいのかもしれませんね。 でも、ただの風邪なのです。 おくすりをもらったので、それを飲んで、ひたすら寝る以外に方法はないようですね。 3日ぐらい、ベッドから出られないぐらいの寝込みを余儀なくされてしまいました。

風邪ひかないための対策

ようやく、熱が引いてきて、1週間経つのに、まだ頭がガンガンしているんですが、転んでもただで置きたくないので、 ブログを書いて、二度と風邪を引かないための施策を自分で考えておきたいと思います。 普段、「風邪引くやつは、根性が足りていない」ぐらいの暴言を吐いているユゲタとしては、自分の体たらくがなんとも情けない感じです。 まず、免疫を上げるために、睡眠と栄養は確実に確保する事をココロに誓いました。 あとは、そういえば今年は加湿器なるものを自宅で設置し忘れていたのを思い出しました。 カッサカサに乾燥した室内の空気も、風邪菌の大好物だと思われるので、そうした細かな対策は忘れずにちゃんとやる!

あとがき

先週末に風邪を発症し、週末から、3日ぐらいで仕事には復帰できたので、仕事に支障はなかったんですが、週末がまるまるぶっとんでしまい、 記帳な週末活動を1週分、飛ばしてしまいました。 土日も含めて自分の会社の仕事と称してワーカホリックっぷりを発揮していたので、とても痛かったんですよ。 改めて、健康でい続けることの重要性を再確認さえてもらいましたね。 よく不健康自慢をする人がいますが、そういう人を見ると超高層ビルの屋上から見下ろしていた自分でしたが、改めて不健康で特をすることなんて何一つ無いという事を再自覚することができました。 今後は、不健康自慢をする人は、宇宙から見下ろしてあげたいと思います。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。