[映画] ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

2023年11月30日

映画

eyecatch 画像: https://www.nintendo.co.jp/smbmovie/ 国民的ゲームの国民的キャラクターのザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー。 これほど分かりやすい映画タイトルもなかろう。 見た目も曲も誰もが遊んだことがあるあのマリオなので、映画を観ていて常にワクワクしてしまう。

ストーリー

ブルックリンの街の配管工のマリオと弟のルイージは、街の水漏れを救うべく会社を立ち上げたのだが、テレビCMをやっても一向にパッとしない。 問い合わせが来て、水道管の修理に行っても、なんだか失敗をしてしまう。 なんだかうまく行かないと塞ぎ込んでいた時に、とある土管に弟のルイージが吸い込まれてしまい、それを追ってマリオもドカンに飛び込んだが、その先には知らない世界が広がっていた。 クッパ大王という巨大な化け物が宇宙の支配者として、色々な星を支配していく世界で、次に襲われそうになっているのが、キノコの国。 そこには、ピーチ姫というお転婆なお姫様がいて、マリオがたどり着いたキノコの国で、弟のルイージを救うべく、ピーチ姫からアクションを教わることになる。 どうやら、弟のルイージは、クッパ大王に捉えられた事を知り、同時にキノコ王国を守るべく、マリオはドンキーコングのいる森に、同名を結ぶ契約に訪れる。 勝負の結果、同名を結ぶことに成功したマリオは、クッパ大王が今にもキノコ王国に襲いかかる事を知り、とっておきのカートに乗って、キノコの王国を守りに急いで向かう。 壮大なクッパ大王との闘いを繰り広げることになるマリオだが、クッパの勢いに押されて形勢不利になってしまう・・・ 勝利のポイントはもちろん映画冒頭に出てきた輝くスター。

スタッフ・キャスト

監督マイケル・ジェレニック
脚本マシュー・フォーゲル
制作クリス・メレダンドリ
制作宮本茂
マリオ宮野真守
ルイージ畠中祐
ピーチ姫志田有彩
キノピオ関智一
クッパ三宅健太
ドンキ−コング武田幸史

評価

★★★★★
この手のCG映画に、とことん甘い評価をしてしまいますが、個人的感想なので、ご理解いただきたい。 これまでマリオ映画はたくさんありましたが、どれもヤバい仕上がりになっていました。 でも、このアニメは完全にゲームを主体にしていて、ゲームの雰囲気を保つように脚本もBGMも構成されていて、 マリオゲームをやったことがある人であれば、誰もが納得する内容になっています。 マリオゲームというと、スーパーマリオだけじゃなく、マリオカートや、マリオギャラクシーに加え、ドンキーコングも任天堂の王道キャラとして登場するところが何ともファン心をくすぐります。 ラストのオチは、ほぼ全てのヒトが想像できる覚醒系のストーリーですが、やっぱり予定調和といえど、面白いと感じるのは生理現象と言ってもいいかもしれませんね。 ラストシーンで、ヨッシーを匂わせる表現がされていますが、これは続編があるかも・・・?!という匂わせ方ですよね。 興行成績も良かったので、楽しみにしておきましょう。

これまでに上映されたスーパーマリオ映画

スーパーマリオ 魔界帝国の女神

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。