[映画] 孤独なふりした世界で

2021年4月28日

レビュー 映画

Amazonプライム・ビデオで、毎日のように映画をみている、弓削田です。 自宅の映画を見るテレビの環境を、音やらプロジェクターやら、設備を良くしたら、 映画館にいかなくても、満足してしまって、最近では、その感覚が怖くなってきています。 でも、ネットで映画を手軽に見られるという環境が、なにより心地良いんですよね。 そして、久しぶりに、心に刺ささる映画と出会ったので、 ブログで映画レビューしておきます。

あらすじ

「孤独なふりした世界で」というタイトルで、 世界にひとりだけ取り残されてしまった男の話で、 世界が廃墟になってしまった、自分の住んでいた町にとどまり、 街中の家や道路などの片付けをしたり、 転がっている死体を、墓場に埋めて、孤独な奉仕活動をし続けているある時に、 煙を出して、停車している車を見つけて、そこに女の人が乗っているのを、 助けたということで、知ろうとしていなかった、その町の外の世界を、その男が、次第に理解していく話。

スタッフ・キャスト

監督リード・モラーノ
脚本マイク・マコウスキー
デルピーター・ディンクレイジ
グレースエル・ファニング

感想

人類が、何故突然死に絶えたのかというのは、最後までわからなかったけど、天真爛漫な女の子のグレースが、 デルの心を変えていく様子は、同じ感覚を味わうことができて、とても感動した。 一人で寂しくなく、毎日、淡々と奉仕活動をして、料理も掃除も、テキパキとこなすデルが、言った、 「一人ぼっちになったいまよりも、たくさん人がいた時の方が、自分は、寂しかった」 このセリフは、小人症であるデルが、普通の生活を送っていた時に、感じていた差別的な事なのだろうが、 こうしたハンディキャップを背負った人たちは、少なくても、こうした思いを心のどこかに秘めているという 事も、健常者の僕としては、改めて思い知らされた感じがした。 この映画のあらすじを聞いて、映画好きな方であれば、「アイ・アム・レジェンド」を思い浮かべる人もいるだろう。 僕も、あの映画は大好きな映画の一つなのだが、同じテーマのこの映画は、まったくテイストが違っていて、 派手な演出も、かっこいいアクションなどは、一切なく、 淡々と、日常が過ぎていくし、冒頭は、ずっとデルの毎日の奉仕活動を眺めているだけという、 短気な人には、もしかしたら、つまらない映画に映るかもしれないが、 デル自身でも、世の中の人類が何故死に絶えたのかわからないという点が、 見ているこっち側としても、いろいろな想像を掻き立ててくれる映画であると感じた。 グレースが連れてきた犬がうざくなって、勝手に逃してしまったところなども、 普段ペットを飼わない僕としては、非常に共感ができたのだが、やはり、あれは、やるべきではなかったのかも・・・

評価

★★★★☆
派手さも、SFの要素も、ゾンビの要素も、何もないけど、色々と構図や色合いなどが美しいこの映画が、とても好きになりました。 ということで、僕は、★4つの判定にしました。 そして、出ている女優さん、魅力的ですよね。 他の作品でもよくお見かけしますが・・・

予告動画

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。