RetopieのGameconドライバが起動時に読み込まれない時の対処方法

2016年5月24日

ゲーム テクノロジー 日記

前回行なったRetropieにプレステコントローラをGPIO接続させる設定で、 ※RetroPieにプレステコントローラをGPIO接続にTry Retropie起動時に、どうしてもコントローラが認識されず、ターミナルでmodplobeコマンドを叩いてからでないと動作しなかったので、 その時の解決方法(正規手順ではなく、暫定手順です)をメモしておきます。

原因

どうやら、RetropieのOS起動時にBIOSを見てみると、一番最初でgameconのエラーが出ていることが分かります。 各種モジュールドライバーが読み込まれる前に、/etc/modulesが実行されているんでしょう。 USB接続のコントローラは問題なく認識されているんですが、これはRetropieのOS問題なのかRaspberryPiのHW問題なのかわからないので、 とりあえず、OSが立ち上がった際に対象のコマンド(下記)を叩くだけで良しとすることにしました。 $ modprobe gamecon_gpio_rpi map=0,0,7,7,0,0

対策

OS起動時に、コマンド実行するのはrc.localファイルに記述するだけでいいようです。 あまり使わないんですが、debian系のディストリは、他の事でも使えそうですね。 $ sudo /etc/rc.local modprobe gamecon_gpio_rpi map=0,0,7,7,0,0 exit 0 「exit 0」の手前に、実行したいコマンドを記述します。 オブジェクト思考っぽくしたい場合は.shファイルを適当に作って、シェルを実行させるだけでもいいです。

実行テスト

再起動して見たところ、僕の環境では問題なく実行できているようです。 ただし、この方法、本来ならばmodulesに記述するだけでいけるはずなのに、出来ないという事は解決していません。 他のjoystickなどを繋いだ時に問題が出そうなので、都度対応が必要になるかもしれません。 また、その時に記事を修正していく予定です。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。