好きな食べ物を聞くと分かるその人の特徴

2015年6月3日

マインド 学習

いい歳こいた、大の大人が、「ニンジンが嫌い」「ピーマンが嫌い」「野菜全般苦手」などと言っているのを聞くと、正直、人としてのランクを下げているように思えます。

アレルギーの嫌いと苦手の差

とにかく、魚や乳製品など、食品全般的似アレルギーが存在するので、食べたくても食べられないという人は、本当に気の毒なのですが、 食わず嫌いの人たちの所為で、アレルギー体質の人も、好き嫌いを言っているように、見られてしまうのは仕方がありません。

嫌いの理由

僕の中のワースト1で、 「チーズが嫌い」という人がいて、美味そうにグラタンやピザを食べてる人。 「焼いたチーズは大丈夫」 だそうです。 勝手にしてくれ、と、思いますよね。 アレルギー体質で、ナマモノがダメと言うのなら分かるんですが、単純な好き嫌いには、他人を納得させる事が出来ない事がほとんどなのです。

セレブの匂いがする好き嫌い

僕の身内で、食べ物の好き嫌いを言う人がいないので、あまり気にした事が無かったのですが、 会社の同僚などで、さも自慢げに食べられないアピールをする人が、多い事に気がついた。 学生時代から、ビンボー暮らしをしてきた僕にとっては、食べ物を残すという習慣が無く、「もったいない」という言葉しか出ません。 やはり、金銭的に余裕がある人の、戯言なのでしょうか?

健康を考える

嫌いと言われているものは、健康に良いという食品が多い印象があります。 逆に、好きな食べ物は、健康に良い物よりも、悪いまたは、どっちでもないような物が多い感じがします。 肉、油、お菓子などでしょう。 悪の代名詞として、「マクドナルド」というのもよく聞きますが、子供はポテトが大好きですね。 きっと、人間は、格差が生まれてきた時に、上層部の人間けら駆逐されるように、思考回路が備え付けられているんだと、考えて納得するようにしています。

好き嫌いを言う人が周りにいるとおトク

実は、ネガティブばかりでも無く、良いことも有ります。 食卓を囲んでいて、嫌いな物が明確な人は、その皿には、決して手をつけません。 それが、自分の好物だった場合は、その人の分まで手を付けられます。 なんなら、嫌々食べてあげてる感を出せるので、罪悪感が一切有りません。

好き嫌いのない幸福感

そう言った、嫌いな物を食べないというモチベーションの人を見ると、いつも「かわいそう」という感情しかないのですが、 特に自分の子供でなければ無理強いはしないほうが賢明ですね。 よく、子供の頃に、ばーちゃんから「お百姓さんが泣いてるよ」と言っていた事を思い出します。