それって、オクシモロンじゃね?

2023年9月24日

日記

eyecatch 以前にどこかで聞いた、オクシモロンという言葉を自分のメモ帳で見つけて、何だか無性に気になって、重い腰を上げてネットでググってみました。 検索結果では、関東にあるカレー屋さんが大量に出てくるんですが、以前にカレーが食べたかったという理由ではなく、面白い言葉という事でメモっておいたので、もう少し調べてみると・・・ 「矛盾すること」 という意味であることが分かりました。 なんか、この言葉妙に気になるし、面白そうと思って、オクシモロン深掘りしてみたいと思います

単語の意味について

oxymoron(オクシモロン) 英単語 : 矛盾した 意味 : 意味の矛盾する語句を並べて、言い回しに効果を与える修辞法。 「無慈悲な親切」「ゆっくり急げ」など。撞着(どうちゃく)語法。 解説 : ギリシア語のoxys(鋭い)とmōros(愚かな)を合成したこの語のなりたちからもわかるように,両立しない言葉をわざと連結する修辞法。 〈熱い雪〉〈燃える氷〉〈賢い道化〉〈残酷なやさしさ〉〈欠点のないのが欠点〉〈ゆっくり急げ〉など。 西洋の作家は古くから愛用しているが,日本の子どもも〈昨日生まれた婆さんが,85歳の孫連れて……〉などと戯れている。 世界への固定した視点を攪乱する語法だが,むろんマンネリズムにも堕しやすい。 https://kotobank.jp/word/オクシモロン-677055
確かになんか言いにくいし気持ちの悪い音の並びのような感じもする。 両立しない単語をくっつけた言葉という事で、日本語でいうと「矛盾」なのだということが理解できた。

ゆっくり急げ的な言葉を集めてみた

説明に書かれている「ゆっくり急げ」は、wikipediaにもページを持っている海外の格言なのだそうです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ゆっくり急げ こんな面白い言葉、他にはないものかと、集めてみました。 教えて、ChatGPT先生。

1. 静かに大声で言え

恐らく、少し頭に血が上っている先生が、生徒に言った瞬間に、生徒の目が点になる姿が想像できて、密かに笑えます。

2. 遅くても急げ

「急がば廻れ」的な事を言いたいのかもしれないけど、正直根性論の言い方ですね。

3. 真実の嘘

映画化小説のタイトルのような少しきれいに聞こえる言葉ですね。 でも、これ、意味は矛盾して無くて成り立ってますよね。 あ〜政治家が言うやつか・・・

4. 冷たい暖かい飲み物

自動販売機?

5. 行かなくても来い

中学3年生の時に、部活の重要な試合で、修学旅行に行けなくなった、運動部の主将が、当日の朝、先生に学校に来るように諭されている時に言われる言葉なのかな?

6. 大きな小さな箱

大は小を兼ねる的な箱なのかな?この箱は大きいのか、小さいのか、どっちなんだい?

7. 絶えず変わらない変化

変わらない変化・・・ホントだ、よく聞くこのフレーズ、かなりの矛盾ワード。目からウロコでしたね。

8. 知っている未知のこと

未知の事を知っていることを自慢しているんでしょうか?セミナーなどで、サラっと言ってそうなフレーズですね。

9. 見えない明るさ

この明るさは、ライトで照らした風景ではなく、人の性格の明るさと考えると、矛盾してないように思えますね。

10. 失敗は成功の母

モノづくりする人の心の言葉が、オクシモロンという事が今分かりました。

11. 生と死の狭間

それは生きているのか、死んでいるのか、狭間ってどういう状態やねん!

12. 静かな轟音

オクシモロってますね。これ言っている人、耳の病気かもって思われちゃいますね。

13. 冷たい炎

まるで魔法。

14. 無駄に忙しい

言う! コレよく言うし、よく聞く! 無駄であれば、やらなくていいから、忙しくしなくていいのに、何故かこのフレーズ連呼している人見かけるよね〜

15. 暗闇の明るさ

夜に家から出て真っ暗になった瞬間、目の前は何も見えないんですが、しばらくすると闇に慣れてぼんやりと見えてくるのは、目が慣れると言いますが、あれって何だなんだろう?

16. 空虚な充実感

このフレーズはあまり聞いたことがないけど、舞台とかのセリフで使われてそうという風に、勝手に思い込んでみた。

17. 鋭い鈍さ

鋭さが鈍ってきているという状態なんでしょうか?

18. 誇り高い謙虚さ

いいですね。このフレーズかなり好きですね。 崇高なキャラクターがイメージできます。高倉健的な・・・

19. 非常に普通

言うよね〜。 フツーって、アベレージ的な意味と、奇抜ではないっていうネガティブ的な意味があるので、後者かな?

20. 恐れを知らない臆病者

のび太くん?

身の回りのオクシモロン

「ヒマすぎてシヌ」と町中で友達と話している学生っぽい若者たちがいました。 おお!オクシモロンだ、ソレと密かに思ってニヤニヤしてしまいましたね。 身の回りのオクシモロン探しをしていると、ブログネタがたくさんあることにも気がついた今日のブログでした。