iPhone5Sのフロントパネル修理した記録

2016年4月8日

テクノロジー トラブル 日記

電車に乗った時に女子高生がiPhoneを猫背で打ち込んでいる姿を見た時、そのiPhoneがバキバキに割れていた時、なんだか虚しい気分になります。 おそらくアスファルトの上で落としてしまったんだと思いますが、ケースも何も付けてなかったんじゃないかと想像できます。 我が家の娘が使っているiPhone5Sもバッキバキに割れていたため、修理をしなければいけないのですが、セルフ修理に至った経緯と修理手順などをメモしておきます。

割れた人が使い続ける理由

割れているのを使っていると見た目が悪いと思うのですが、以下の様な理由で使っているようです。
・修理代が高い ・なんとか使える
当たり前ですが、みなさん「直せるものなら直したい」と考えていると思います。

Appleで修理

今回の対象がiPhone5Sという事で、ちゃんと製造元で修理をしてもらうと、以下の様な金額がかかるようです。
・AppleCareに入っている:7800円(税込) ・AppleCareに入っていない場合:14800万円(税別)
正直保険に入っていて8000円もとられるぐらいなら、スマホケースに入れておけば良かったと考える人も少なく無いでしょう。 保険で0円でやってくれればいいのに・・・と。 街中にあるiPhoneの修理屋で聞いてみると、
・7000円〜15000円ぐらい
変わらんやん!!! そういえばネットで修理失敗したという話もチラホラ聞くので、預けるのが少し恐いですね。

自分で修理

Amazonでパーツを見てみたところ、4000円程度で販売されていました。 とりあえず、これで修理できてしまえば格安だと考えてポチ買いしてみました。

参考サイト

Apple - iPhone の修理 - 画面の損傷

パッケージ内容

フロントパネル パネル用シール(パネル交換後に貼る用) 工具
想像どおりですが、パッケージが意外としっかりしていて、安定感がありましたね。

フロントパネル外し

ここのサイトを参考に取り外ししました。フロントパネル(ガラス)交換 簡単な手順と注意点です。
1. 同梱されている構図を使って、本体下部のネジを2箇所外します。 2. 工具に入っている吸盤をつかって、フロントパネルを剥がしますが、これがかなり硬い・・・よく見てみると、イヤホン付近に隙間があるので、そこに工具を挟みこむことで開けやすくなるんですが、吸盤のみで力任せにすると、フロントパネルとロジックボードの接続されているケーブルがぶちきれてしまうので、ここかなり慎重に行いましょう。 3. パネルの取り外しができたら、今度は外す逆の工程でカメラやボタンを設置します。各コネクタは手応えがあるまで差し込みましょう。 4. 最後に下部のネジ止めを2箇所すれば完了です。 5. 起動確認をしましょう。ホームボタンもカメラも確認を忘れずに。
無事に起動確認も終わり見事にフロントパネル交換完了です。 お疲れ様でした。