話題の0円SIMが付録についた雑誌を購入

2015年12月30日

ガジェット テクノロジー レビュー

発売後すぐにAMAZONで品切れになるほど爆売れした「デジモノステーション2016年2月号」を、偶然発見して購入しました。 そして、付録に付いていた0円SIMの使い道検討とセット手順をメモしておきます。

0円SIMの実態

初期設定費:0円 毎月499MB:0円 500MB〜2047MB:100円〜1500円 2048MB〜:1600円
通信制限:なし 開通期限:2016年2月24日
もう少し開通期限が先であれば嬉しかったんですが、3ヶ月限定のサービスのようですね。

設定手順

雑誌購入

手持ちのiPad-miniに組み込み

SIM取り外し

端末にセット

「設定」「モバイルデータ通信」「APN設定」をセット

APN:so-net.jp ユーザー名:nuro パスワード:nuro

WifiをOFFにして、ブラウザアクセスできるか確認

無事完了

とりあえず問題なさそうなので、完了です。

激安SIMを使える人

以前もMVNOに乗り換えた記事で書きましたが、MVNOは安価な携帯通信サービスなわけですが、この手のサービスを使える人は、携帯電話の端末や通信サービスについて詳しい人限定だと思われます。 身内や非常に近い友達がIT関連会社に勤めている場合や、趣味でITに精通している人でない限り、MVNOサービスを行うことは非常に厳しいのではないでしょうか? 何故なら、SIMフリー端末の理解や、APNの設定、設定時にwifiが必要な場合もあったり・・・ 店舗で店員に説明をうけただけでは、おそらく理解できないことも多いでしょう。

用途を考える

今回の付録の激安SIMはかなりお得なサービスですが、パケット通信のみで考えると、「SORACOM」が最安値ですね。 IIJやOCNなどの電話サービスもあって安定しているサービスもありますが、パケット通信のみで考えるのであれば、
ポケットWifi タブレット端末
などにwifiの環境で「モバイルデータ通信」をONにするというぐらいの使い方をすれば、非常に安価に抑えられるいざという時の、パケットを確保できます。 もちろん、これも外出先などでいきなりIT通信が必要になる場合などの、IT関連の仕事や趣味の人なのでしょう。

追記

この「0 SIM」サービスは、2020年8月31日(月)をもって終了になりました。 https://www.so-net.ne.jp/info/m/2020/op20200217_0006.html 今後もこれと似たようなワクワクさせてくれるサービスを出してくれる会社が現れることを期待したいと思います。 (2022.12.15 現在)

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。