gitでpullできない時の確認ポイント

2020年10月8日

テクノロジー

t f B! P L
自分の人生もバージョン管理したいな〜と思っている、ユゲタです。 過去の栄光をタグ付けしたり、失敗した事をreset --hardしたりできたら、便利なのに・・・ こりゃ、電脳化しすぎているね。

発生したgitエラー

そんな便利なgitを使っている時に、以下のようなエラーメッセージが出た。 $ git pull origin master > Pulling without specifying how to reconcile divergent branches is discouraged.You can squelch this message by running one of the following commands sometime before your next pull: git config pull.rebase false # merge (the default strategy) git config pull.rebase true # rebase git config pull.ff only # fast-forward only You can replace "git config" with "git config --global" to set a default preference for all repositories. You can also pass --rebase, --no-rebase, or --ff-only on the command line to override the configured default per invocation. メッセージ冒頭を直訳すると、
分岐を調整する方法を指定せずにプルすることは 次のいずれかを実行して、このメッセージを抑制できます。 次のプルの前のいつかコマンド
rebaseしろという内容なのは、わかるが、これまで普通に使えていたのにいきなりこのメッセージが出て、焦った!!!

解決方法はいたってシンプル

このエラーの原因が分かりました。 サーバーにsshでログインしてgit操作をしているんですが、nginx権限であるソースフォルダにアクセスするために、作業者ユーザーがアクセスして、sudo suで管理者権限になり、その後、nginx権限に変更して作業するのだが、なにかのタイミングでsu権限の状態でgit pullを行っていたらしく、.gitの中のファイル権限が、rootとnginxでバラバラになっていました。 その後、nginxでpullしようとしても、ファイル権限が無いので、このエラーが出たようである。 とりあえず、root権限になって、以下のコマンドを打ち込んで事なきを得た。 $ chown nginx:nginx -R ./* gitのエラー表示が的を得ていないという件でした。 何かの役に立てば幸いです。

このブログを検索

プロフィール

自分の写真
プログラミングとサーバーを心の底から楽しむクリエーターです。 経営者であり、開発者でもありますが、得意としているのは、アイデア創出で、出来高は無限大です。

ブログ アーカイブ

QooQ