RoBoHoNプラモの組み立て動画

2017年6月15日

DIY 趣味 日記

t f B! P L
プラモデルって何故かワクワクします。 プラモ屋さんに行くと、とてもワクワクします。 おもちゃ屋さんもワクワクします。 そして、プラモデルを組み立てる時はもっとワクワクします。 SHARPの開発したスマートフォンである「RoBoHoN」のプラモ版を入手したので、組み立てを動画に撮ってみました。 [amazonjs asin="B01LZMCRYG" locale="JP" title="フジミ模型 Ptimoシリーズ No.4 プラロボホン ノンスケール 色分け済みプラモデル"]

RoBoHoN(ロボホン)って何?

今回はプラロボホンというプラモデル版のモノですが、本物は、スマートフォンであり、SIMカードが入れられて、電話もできるし、なんとお話もできるスグレモノなのです。 RoBoHoN | SHARP このロボホンは、ロボットクリエイター高橋智隆がデザイン・設計を手がけたオリジナルロボットの「Robi」をそのままスマートフォンにした製品なのですが、5歳ぐらいの男の子という設定があり、その世界観を重視しているらしいのです。 こうしたキャラクターロボットにおいては、重要な要素ですね。

組み立て工程

箱からパーツを取り出した所、まあまあ多いですが、色は完成しているので、組み立てるだけです。 まず頭部の作成。 とてもシンプルな構造ですね。この時点で可愛さ満点です。 耳の部分を付けますが、このプラモデル実は、とあるセミナーでゲットしたのですが、その企業シールが貼られています。 なかなかやりますね。まあ、とりあえず取らずに残しておきましょう。 そうこう考えているうちに頭部完成!! 続いて胴体部分。 動画からは省いてますが、バリ取りはなかなか大変な作業。 ゴミが出まくってますね。 前掛けの部分を付けてそつなく完了。 そして腕。 足。 ここで、全てのパーツ作成が完了。 全てのパーツを胴体にくっつけていきます。 手足を付けたら、ほぼほぼ完成です。 そして完了。 立った時のバランスは非常に良好です。 スマホ版もこれが動きまくるんですね。 でも、よくコケルって言ってたけどなシャープの人・・・

動画

今後の改造計画

とりあえず、目にLED入れてLチカぐらいはやっておきたいと思います。 果たしてこのスマホ版、欲しいのだが、20万近くする値段に引いています。 買うべきなのかどうか・・・あと3ヶ月ぐらい悩んでいようと思います。

商品リンク

このブログを検索

プロフィール

自分の写真
町田市, 東京都, Japan
プログラミングとサーバーを心の底から楽しむクリエーターです。 経営者であり、開発者でもありますが、得意としているのは、アイデア創出。

ブログ アーカイブ

QooQ