上司と呼べる人がいない話

2013年4月29日

日記

人生で2度の転職をしたが、所属した部署は丁度両手の指ぐらい。 すべての部署に先輩社員がいて、上司がいたが、未だに慕っている上司は出会っていない。 自分と合う合わないはあるが、その人たちは、人としての繋がりを常に感じさせる。 自分にとって何かを教えてくれるのではなく、お互いに受け入れあって、更に10年後も笑ってられる関係だと言い切れる。 今は、会社では指導する立場だが、教わる事の方が多い。 彼らとも10年後笑っていられる関係を築きたい。 この考えってエゴ?