iPhoneとAndroidに対する開発員の本音

2013年4月21日

モバイル 日記

ずっとiPhoneを使ってるが、仕事でいろんな端末を触って分かった事。 確実にAndroidは、使用するレベルに達していない端末と言う事が分かった。 個人的見解をまとめてみた。 1、タッチ感度は、Androidはクソ。 恐らく、java上でエミュレートしているような処理落ち具合。全てのアプリで使うタッチイベントがクソなので、正直使い物にならない。 2、1番をカバーしようと、cpuのクロックが高いのを搭載するので、バッテリーの持ちが悪すぎる。 これで、ドンドン悪い方向に向いているのがわかる。 appleはHWとSWが同社だが、googleとメーカーという構図は、うまく行ってないのがよく分かる。 やはり、スタートエンドで開発を行うメリットがよく分かる。 3、アプリ管理が、appストアで完結いているので、開発員にはもどかしい点もあるが、余計な管理が無い分、分かりやすい。  最近は、OSのアップデートもPC接続なしでできるので、超楽!

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。