macのアプリを強制終了させたい

2014年11月20日

Mac Tips

先日紹介した「coccinellida」を使っていた時の事。 サーバーとのトンネルが貼られている状態で、設定をeditしようとすると、どうやらアプリがハングしてしまうらしい。 その他にも、pureferenceを立ち上げている状態で何かの表紙にアプリが動作しなくなりヘッダアイコンでカーソルがmacOSの作業待ち状態から元にもどらなくなる現象に遭遇。 とにかく、アプリがコンフリクトを起こす現象は、このアプリに限らずまあまあよく発生している事に出会う。 【アプリの強制終了手順】 アプリを使っていてコンフリクトしてしまった場合は、書き込み途中で保存していないデータがある場合は、基本的には見捨てましょう。 途中保存などをこまめにしていないとなかなか踏ん切りが付かない事も多いと思いますが、2,3分待っても、アプリが復活しない場合は強制終了しかないです。 ■通常 [option]+[command]+[etc] 上記キーを同時押しでアプリの強制終了ウインドウが立ち上がります。 終了させたいアプリを選択して「強制終了」ボタンを押すと即座に終了します。 ■強制終了のアプリケーション一覧に表示されていない場合 コマンドで強制的にアプリをシャットダウン(kill)します。 まず、ターミナルを立ち上げて、 ps ax|grep %アプリ名% とすると、対象のアプリが表示されて、その一番左の値がアプリの起動しているIDになるので、それをkillします。 ※アプリ名は大文字小文字も正確に入れてくださいね。※grepなので、全文字入れる必要はないです。絞り込みなので kill -9 %アプリID% とりあえず、これでも終了しないアプリあるのかな?

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。