想像について、子供の頃からの間隔を大人になった今も持ち続けられるか?

2014年7月3日

日記

子供の頃って、積み木やレゴブロックがすごく好きだった記憶がある。 父親が家具屋をやっていたので、木切れなどがどっさりあった事もあり、組み合わせて飛行機や船を作って遊んでた記憶もある。 自分の子供を見てるとやはり男の子も女の子も積み木もブロックもレゴも大好きなようだ。 絵を描くのも、WEBを作るのも、プラモデルを作るのも、基本的に同じニオイがするのは、子供の頃のこのクリエイティブな好奇心がそのままの感じ。 モノを作る事って、なんだろ??って考えてみた。 20代の頃に考えた時は、給料も安く、お金も無かったので、自分の欲しいものを自分で作って、安く満足感を得る為だと思ってた。 持ち家で、DIYするのも、WEBサイトを自分で作るのも同じ考えだった・・・ でも、それを販売して収入を得ている人と、最近よく出会うのだが、非常に魅力的に感じた。 自分の感覚を人が買って喜んでくれるって、なんて素敵な事なのだ! こういう仕事ができるっていう事を目標に40代を過ごしてみようと考えるようになった。 想像したことを人に認めてもらおう。

このブログを検索

ごあいさつ

このWebサイトは、独自思考で我が道を行くユゲタの少し尖った思考のTechブログです。 毎日興味がどんどん切り替わるので、テーマはマルチになっています。 もしかしたらアイデアに困っている人の助けになるかもしれません。