近所で火事

2013年6月4日

日記

夜中の二時半にパチパチという音で目覚めたら、 家の窓から大きな炎が見えた。 寝起きで、キョトンとしてたら、大火事だと気づいた。 かなりでかい炎である。 人生三度目の一軒全焼の火事なので、さほど慌てなかったが、やはり足がすくんだ。 いつも思が、自分家に燃え移ったらと思うと、本当に恐怖だ。 でもすでに、消防車が来ていて、一時間ぐらいぐらいで鎮火した。 子供もみんな起きてきて、改めて火事の怖さを説いた。 経験しておいて損は無いと思うが、全てを失ったら、と思う恐怖は、子供にはきっとトラウマだろうな。 地震もそうだが、火事対策もやっておかねば。 やはり貴重品は耐火金庫がいいかもね。 いっちょ買うか! 防災意識がまた強くなった出来事。